アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

【ネタバレなし】女王陛下のお気に入り

スポンサードリンク

女王陛下のお気に入りとは?

18世紀初頭のイギリス王室を描いた作品。女王アンを演じたのはオスカー女優のオリヴィア・コールマン。幼馴染のレディ・サラはハムナプトラでお馴染みレイチェル・ワイズ。サラの従妹で上流階級から没落したアビゲイルはラ・ラ・ランドで人気沸騰エマ・ストーン(エマワトソンではない)。

イギリスの政治って?

「国王は君臨すれども統治せず」ってのは有名だが、この時代はどうだったのだろう。よくわからない。映画によれば、かなり女王であるアンが政治に関与している。正確には、肥満で動くのが大変なアンに代ってレディ・サラが実権を握っている。某船場吉兆のささやき女将のごとく。それが物語の核である。

新参者の野望

エマ・ストーン演じるアビゲイルは上流階級から陥落している。故に、地位へのこだわりは強い。なんとかして返り咲きを狙っている。そんなアビゲイルの秘策とは…。正直、イギリスの政治モノ(大きく括って)ってどうもこの手の話が多い。つまり、それは同性愛。この前見た「ふたりの女王」でもそうだし、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」もである。

文字通り体を張ったエマ・ストーン

上で書いたように、同性愛、アンとアビゲイルの怪しい関係が描かれる。エマ・ストーンのセクシーなシーンは随所にあり、これだけでも一見の価値はある。短い時間ではあるが、エマ・ストーンのあられもない姿(ちょっとおおげさか)が見られたりもする。外国人女優はそれなりの地位にいても意外に脱いだりすることが多い。アリシア・ヴィキャンデルしかり、シアーシャ・ローナンしかり。

ところで痛風って

アンの食生活は乱れている。当然だが肥満であり、おそらく糖尿なんだろう。アビゲイルが名を挙げるエピソードにこのへんも絡んでくるわけだが。アンが痛風だと描かれている。本当にそうだったのだろうか。痛風って女性の割合が圧倒的に少ないはず。全体の1.5%なんだとか。

www.tufu.or.jp

エマ・ストーンの次回作は?

「ラ・ラ・ランド」、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」、「女王陛下のお気に入り」と順調にキャリアを積み上げてきたエマ・ストーン。こうなると次回作へのかなりの期待が持てる。

スポンサードリンク