アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

【ネタバレなし】七つの会議

スポンサードリンク

七つの会議とは?

池井戸潤原作の社会派ドラマ。近年は「半沢直樹」とか「下町ロケット」とか池井戸潤作品の多くが映像化されている。映画化は「空飛ぶタイヤ」以来か。監督はジャイさんこと福澤克雄氏、福澤諭吉の玄孫にあたる。確か、TBSの社員だったような。

パワハラと居眠り社員

冒頭、会議のシーンから始まる。営業1課と2課の社員が同じ会議室に集められ、営業成績の報告を行う。それを聞く部長の北川誠こと香川照之、相変わらずの顔で演技。会議中に寝ている社員がおり、それが八角民夫こと野村萬斎。見ている方としては、何故こんな社員がクビにならないのか?と不思議になる。

古い体質の日本企業

あるとき、課長の原島万二こと及川光博が八角(野村萬斎)の過去を調べる。ちなみに、「はっかく」と呼ばれているが、本当は「やすみ」らしい。八角(野村萬斎)の評価を見ると、ずっと「S」という文字が並び最年少で係長に昇進。だが、その後、「E」評価が続く。普通の会社だと評価が連続して低い場合、降格となるのだが、この会社にはそういうシステムはないらしい。とてもいい会社なのかもしれない。

結局はリコール隠し

池井戸潤の作品はだいたいこれ。空飛ぶタイヤだってそう。要は誰が何故隠しているのか?ということ。そして、それを暴くのが主人公。今回の場合は八角(野村萬斎)ということになる。

八角の相棒である浜本優衣こと朝倉あき

朝倉あきと言えば、池井戸潤作品の常連。下町ロケットでも存在感のある演技をしていた。今回はかなり出番が多い。いつものように周囲に振り回されて困る役。けど、飄々とした演技が何故かクセになる。正直、七つの会議のMVPは朝倉あきかもしれない。第二の竹内結子と言ってもいい。今後の活躍に期待。だが、吉岡里帆のように作品に恵まれないパターンもある。可能な限り、作品を選んでほしい。ただ、吉岡里帆も東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」の公開を控えている。こっとも期待したい。

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

 

スポンサードリンク