アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

【瞬読トレーニング16日目】堀江貴文著「成金」

スポンサードリンク

2018年の締めくくりに

大晦日といえどもやることは変えない、これが当方のスタンスである。なので、もちろん本日も瞬読トレーニングを。とはいえ、あまり長い時間ではない。ただ、続けることが最も大切だと思っている。そして、最後を締めくくるべく選んだ本は「成金」、堀江貴文氏が書いたものらしい。

成金

成金

 

リズム感のない文章

ドラゴン桜でも述べられていたが「いい文章にはいいリズムがある」。村上春樹の小説なんて独特だが心地よりリズムがある。けど、この本には全くない。まあ、無理もない。堀江貴文氏は小説家ではないのだから。2013年に出版されており、当時の時代背景を詳細に描写しているのだろう。ただ、5年前とは思えないほど古くさい。おそらく、数年前の最先端って、5年後の未来からするとかなり古くさいのだろう。ということで、途中で断念した。

他にめぼしい本を見つからず・・・

とりあえず、2018年の瞬読トレーニングはこれで終了とする。正直、トレーニング後に読む本を探すに来年も苦労しそうだ。とりあえず、ブックオフの100円コーナーを探してみるのもありだろう。少なくとも、kindle unlimitedはあまり面白い本が見当たらない。ということで、毎週ブックオフの100円コーナーで5冊の本を買って瞬読したらまた売りに行くってことをしてみようか。そもそも100円で買った本っていくらで買い取ってもらえるのだろう。

瞬読トレーニングを開始して

少なくとも目の動きが柔軟になった、それは間違いない。小説を読んでいるときも目が上下してそれだけで理解できていることも珍しくはない。おそるべし、マジカルナンバーセブンって感じ。このままトレーニングを継続すればきっと能力も伸びるだろう。だが、それ以上に毎日継続することが大事なのだと思う。2018年はストレスがたまることが多く、なかなか勉強に時間を割けなかった。だからこそ、毎日やることに意味がある。

2019年の2大イベント

本来なら3大イベントの方がかっこいいのだが・・・。大きなイベントを控えている。まず、転職。10年勤務した上場企業を退職するのは少し勇気がいる。けど、バカが上司をやっている以上は致し方ない。次こそは外資系に行きたいな、と思いつつ。それから、引っ越し。そう、当ブログのタイトルにもなっているが、マンションを購入した。不動産会社にはやや不安があるが、とにかくやってみよう。インターネットもこのままau光を継続できるといいなぁ。

スポンサードリンク