アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

【瞬読トレーニング1日目】堀江貴文著「多動力」

スポンサードリンク

瞬読トレーニングを開始

早速、瞬読トレーニングを開始した。体験会に行ったのは先月末だったのが、もうどんなトレーニングをしたのか忘れていた。管理画面に入ってもどれから選んでいいものか。すると、トレーニング方法が親切にもyoutubeにアップされていた。良かった、これで漠然とやらなくて済む。思えば、一流のアスリートはトレーニングした内容を記録していると聞く。巨人の菅野智之が確かそうだった。ということで、今日からきちんと瞬読トレーニングの内容を記録に残すこととした。専用の用紙があるので、具体的な内容はそこに記す。当ブログでは、瞬読した書籍の感想を書くとしよう。

堀江貴文著「多動力」

言わずとしれたホリエモン本である。編集者はあの「死ぬこと以外かすり傷」でお馴染み箕輪厚介。テレビで他人の秘密をベラベラと喋っているのが印象的だ。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 
死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

 

堀江貴文著「多動力」の感想は?

第2章に「ベストセラーはコピペ本」と衝撃的なコピーが。読んでみてわかった。確かにそのとおりである。この「多動力」でさえもが過去のホリエモンの発言をまとめたにすぎない。あ、悪意はない。ホリエモンがテレビなどで発した言葉を章立てで並べたに過ぎない。有名なのは「寿司屋に修行なんていらない」とか「電話をしてくるヤツとは仕事するな」あたり。

寿司屋はともかく電話は本当にそうである。相手のことも考えずに電話してくる会社員は多い。とくに同じ会社のヤツに限って実にタイミングがある。カレンダーに予定を入れているだから、まずはそこを見てほしい。客先で気持ちよく喋っていることもある。そんなときにポケットで携帯が震えるのは不快以外の何者でもない。

初見だったのは、「原液を作る側になれ」ってところ。原液ってのはもちろんカルピス。仕事には原液を作る人とそれを薄める人がいる。秋元康なんかはもちろん前者。秋元康の周囲にいる人間の多くはおそらく原液を薄めることで生計を立てていることだろう。それ自体が必ずしも悪いことではないのだろう。会社員だってそうだろう。会社は経営者の夢を叶えるもの。つまり、経営者が原液を作り、一般社員はそれを薄める。

どう考えても儲かるのは原液を作る人間だ。秋元康はAKBのフォーマットを海外に売って大儲けしているわけだ。

最後に、イーロン・マスクが洋服を着られないという話には驚いた。そもそろ、イーロン・マスク自体をよく知らなかったわけだが・・・。右脳を鍛えて疲れたので、本日はこのへんで。

スポンサードリンク