アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

テレビ朝日新人シナリオ大賞に応募しなかった3つの理由

スポンサードリンク

テレビ朝日新人シナリオ大賞とは

恒例となったテレビ朝日新人シナリオ大賞。毎年、ちょっとずつ変化があり、今年はついにテーマが絞られた。昨今、恋愛ドラマはヒットしない傾向があり、時代に逆行するようなテーマの選択にテレ朝の気概を感じなくもない。ただ、できれば締切りは11月末にしてほしかったな。

第19回「テレビ朝日新人シナリオ大賞」開催について

〔募集要項〕
1.応募資格
性別・年齢・職業は問いません。プロの脚本家を目指している方。
そして、従来のテレビドラマの枠を超えた驚き・感動・楽しさのある脚本を書く意欲のある方。

2.テーマ・ジャンル
【作品テーマ】
A)「初恋」  B)「最後の恋」  C)「初恋&最後の恋」
 *上記テーマを1つ選択の上、そのテーマに沿ったドラマ作品にてご応募ください。
 テーマの解釈は自由です。

【応募ジャンル】
(1)テレビドラマ部門
(2)オリジナル配信ドラマ部門
(ただし未発表のオリジナル作品に限ります。原作の脚本化、及び他コンクールに応募・受賞した作品は不可とします。)

※公式サイトより引用

おそらくだが、C)「初恋&最後の恋」が最も応募者が少ないのではないだろうか。単純に2つの恋を描写しなくてはならず、これはなかなか困難だ。

テレビドラマと配信は何が違う?

表現として大きな違いはないはず。違いがあるとすれば、配信はオムニバス形式に向いているのではないか。1つの事象に対して、複数の登場人物がそれぞれの視点で語るような、そんな作品が配信向きかと思う。たとえば、奥田英朗の小説なんかは配信に合いそう。

邪魔(上) (講談社文庫)

邪魔(上) (講談社文庫)

 

テレビ朝日新人シナリオ大賞に応募しなかった理由(1つ目)

単純に忙しかった。一応、会社員として仕事をしている。残業も平均で月40時間ほど。やることが多くて全然終わらない。加えて転職も検討しているため、じっくりとコンクールと向き合えなかった。

残業が少なく、今と同等以上の給料がもらえる会社を選ぼうと思う。人生で一度くらい外資系に勤めてみたいなという思いもある。コンサルタントとしてしゃべりまくる毎日も悪くない。しゃべるのが仕事、かっこいいな。

テレビ朝日新人シナリオ大賞に応募しなかった理由(2つ目)

内容が煮詰まらなかった。何故か?多忙だから・・・。どこに出そうと思っていたかというと、C)「初恋&最後の恋」をテレビドラマで。理由は簡単、ライバルが少ないと考えたから。やはり、テーマとしては一番これが難しいだろう。もちろん、ある程度のストーリーは考えていた。けど、完成させるに至らなかった。残念。

テレビ朝日新人シナリオ大賞に応募しなかった理由(3つ目)

シナリオインキュベーション第23期の課題を最優先したから。シナリオインキュベーション第23期についての詳細は「シナリオ・センターで 「シナリオ・インキュベーション23期」 募集およびガイダンスを受けてきた」を参照のこと。

個人的には、かなり熱い作品のプロットを書けたのではないかと自負している。ただ、熱いのだが、「逆転」という課題にどこまで沿うことができたかは自信がない。今回は、温度の勝負である。ガイダンスの中で山本和夫は選考基準が「情熱」だと発言していた。正直、これで情熱がない思われるのは心外だ。仮に当方が選ばれなかった場合、山本和夫の言葉が偽りだったということになる。そうでないことを願ってやまない。

シナリオインキュベーション第23期の結果は?

予想通り落選である。こんなに気合いを入れて課題を書いて箸にも棒にもかからない。

M-1グランプリ2018における和牛ではないが、もうどうしたらいいんだ!誰か教えてほしい。課題は「逆転」。合格する人がどんなのを書いているのだろう。全く想像がつかない。

山本和夫は「情熱が大事」と言っていたが

 大嘘である。当方はかつてシナリオ・センターに所属しており、課題30本を最短で終わらせたという記録を持っている。同じ事を成し遂げた人間を当方は知らない。こんなに情熱を伝えるのに最適な事象はない。だが、当代きっての法螺吹きである山本和夫にはそれがわからなかったらしい。その法螺吹きぶりは、かの「齋藤ウィリアム浩幸」を凌ぐ。こういう老害がテレビの世界で生き残っているうちは、ドラマの質はよくならないだろう。

テレビ朝日新人シナリオ大賞の次は?

詳細はリサーチしきれてないが、おそらく「ヤングシナリオ大賞」かどこかのラジオドラマではないだろうか。良さげなアイデアを思いついたので、あとはこれを形にして応募したい。その前、企画書にすることを忘れずに。これをやらないと何故この作品が必要なのか、書いている本人にさえわからなくなってしまうから。

「テレビ朝日新人シナリオ大賞に応募しなかった3つの理由」の更新履歴

  • 2018年11月25日 「テレビ朝日新人シナリオ大賞に応募しなかった3つの理由」 新規作成
  • 2018年12月2日 「シナリオインキュベーション第23期の結果は?」 追記

スポンサードリンク