アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

さっそく「auフラットプラン25 Netflixパック」の申し込みをした

スポンサードリンク

本日(8/28)から申し込み開始。ということで、さっそくauショップに行って申し込みをしてきた。所要時間は5分程度、あっという間にできるのはいいね。ただ、カウンターに通されるまで10分くらいかかったけど・・・。あと、店員さんの日本語がやや片言だったのは少し困った。まあ、結果的に申し込めたから良しとしよう。

www.au.com

けど、すぐに思い返した。「本当にお得なのだろうか?」と。だって、値上げしたとはいえ、Netflixの基本料金は800円。それを見るのに、1000円追加で払うって。当方の契約は元々「auフラットプラン20」で4500円(あくまでも基本料金のみ)。それを今回「auフラットプラン25 Netflixパック」に変更して、5500円(あくまでも基本料金のみ。

ん?800円のNetflixを契約するのに1000円追加?ただ、サイトをよく見るとやはりお得だった。まず、コース名からもわかるように、20Gから25Gへと通信料が追加されている。通常、auでデータ容量をチャージすると、0.5Gで550円、1Gで1000円必要。今回、5G追加で1000円なので、実に5倍もお得(実はそんなに使わない・・・)。

そして、お得なのはデータ容量だけではなかった。なんと、「ビデオパス」も見られる。確か、「やすらぎの郷」が一時的に無料で見られたのは「ビデオパス」だけだったような。「やすらぎの郷」と言えば、「ナスの呪い揚げ」があまりにも有名。あ、いや、石坂浩二が元カノ(加賀まりこ)と元嫁(浅丘ルリ子)と共演していたことの方が有名か。

話がそれた・・・。「ビデオパス」にも特典がある。それは「auマンデイ」が適用され、毎週月曜日はTOHOシネマズの映画が1100円で見られる。うーん、実にややこしい。そして、TOHOじゃない、当方がもっとも気になっているのが、「ビデオパス」ってどうやって見るんだろう。それから、Netflixを見るときちゃんとauで契約している旨、先方に伝わるのか?(二重課金とかされないよね?)ってこと。

いずれにせよ、契約は9月からだ。来月になればすべて明らかになるだろう。続報は乞うご期待。

スポンサードリンク