アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

キミスイをテレビで見て思うこと

スポンサードリンク

あ、キミスイっていうのは「君の膵臓をたべたい」のこと。まあ、セカチューみたいなことである。最初に原作を読んだとき、すぐに映画化されると思った。当方のこういう予感は当たるのだ。過去に「神様のカルテ」も当てている。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 
神様のカルテ0 (小学館文庫)

神様のカルテ0 (小学館文庫)

 

映画化をイメージして最初に思い浮かんだヒロインは芳根京子。当時、オモコーが終わったばかり、「べっぴんさん」が始まる前。つまり、芳根京子には明るいイメージしかなかった。それが、某朝ドラのせいで…。明かるのはオープニングのミスチルぐらいだった。

それから数年、ようやく映画化が決定した。選ばれたのは浜辺美波。もちろん、知っていた。フジテレビのドラマで見たことがある。そう、実写化された「あのはな」である。当方は漫画を読んだことがなかったのでいまいち関係性がわからなかった。その「あのはな」で、浜辺美波はメンマ役をやっていた。あ、ラーメン屋の話ではない。

そして、メンマは最初から死んでいる(これはネタバレとは言わない、たぶん)。メンマ役を可憐に演じたあとは、キミスイのヒロイン。またしても…(以降自粛)。これからは純粋に明るくてかわいい役を浜辺美波には演じてほしい。あと数年したら、彼女の代表作がきっとできているだろう。

ちなみに、芳根京子の代表作は「表参道高校合唱部(オモコー)」だと思う。某朝ドラだとは口が裂けても言わない。

「あのはな」こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」はおそらく永久に再放送されることはないだろう。まあ、誰の代表作でもないからそれでいい。しかし、土屋太鳳の代表作である「まれ」も永久に見られないのは残念だ。某女優の息子と出家した某女優が出ていたことが原因だ。

新木優子は同じ失敗をしないでほしい(意味不明)。

スポンサードリンク