アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

爆笑問題の日曜サンデーに飯島女史が登場

スポンサードリンク

といっても、飯島三智さんではない。

元祖癒しの女王と言われた飯島直子の方である。

この日もジョージの懐かしいCMや伝説の深夜番組DAISUKIの話で持ち切り。

あ、当方の同級生も「大好き!」とやっていたのは内緒である。

癒しの女王らしく終始ほんわかしたムード。

そして、思う。この人、相変わらず伝えるのが下手。

伝説のお色気番組「スーパーJOCKEY」の話題に。

太田氏と仲が悪いという設定の浅草キッド水道橋博士と飯島女史が電話番号を交換したという使い古されたネタ。

飯島女史は一時期いたずら電話が来て大変だったと言っていた。

そこに至るまでの経緯が全く説明されることもなく。

これで、水道橋博士がかわいそうだ。

ということで、真相?をここに記す。

ある日、電話番号を交換した水道橋博士と飯島女史。

そのことを後日、やしきたかじんがMCをする大阪の番組で博士が暴露。

流れで電話をかけようということに。

当時、携帯電話なんてものはなく、もちろん自宅の電話である。

残念ながら留守電となり、あまり盛り上がらずに終了。

と思いきや。

プッシュフォンのボタン(番号)はそれぞれ発する音が異なり、絶対音感を持つ視聴者が飯島女史の家に電話する、という事態に発展。

いたずら電話とはおそらくこのこと。

飯島女史はこのエピソードを話したかったようだが、うまくいかず。

そもそも、どうして当方がこのエピソードを知っているかと言えば…。

お笑い男の星座

お笑い男の星座

 

 ここに全てが記録されている。

飯島女史の話下手はいまに始まったことではない。

かつて、「さんまのまんま」で共演した欽ちゃんこと萩本欽一氏に「金魚殺してたんですか?」と聞いたこともある。

欽ちゃんは大爆笑していたが、ことの真相?はこうである。

仕事が絶好調だった欽ちゃん、こういうときは家族に不幸が訪れることがある。

妻や子供に何かあっては困ると考えた欽ちゃんは金魚を大量に買ってきて、家族を増やした。

水槽の中の金魚が死ぬたびに、家族のために犠牲になってくれたと思う事にしていた。

ちなみに、このエピソードも…。

まだ運はあるか

まだ運はあるか

 

 ここに書いてある。

ただ、久々に見た(正確には「聞いた」)飯島直子女史の天然っぷりに癒されたことは間違いない。

さすがは、元祖癒しの女王である。

スポンサードリンク