アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

今更ながら、ナンシー関の偉大さを知る

スポンサードリンク

ナンシー関の後釜がいない、どこかに書いた。

ホントにいないのか気になったので、書籍を読んでみた。

あ、後釜というのは消しゴム版画家として(笑)。

内容もさることながら、文体が実に懐かしい。

批判も絶賛もしてないが、メッセージがきちんと伝わる。

千葉すずにレスラーになってくれ、という訴えは秀逸。

だが、もっと秀逸だったのが「頼むからしまっとけ、ヤワラちゃん」である。

ヤワラちゃんが死語だってのは置いておく。

何を「しまっとけ」なのか、それは乳、まあ誰も見たくはないって論調。

そこはどうでもでいい。

コラムも終盤にさしかかった頃に書かれている一文。

単なる私の予感だが、選挙出そうだし、ヤワラちゃん」。

1999年のことである。

まだ、谷亮子になるずっと前の話。

そして、そのヤワラちゃんが選挙に出るのが2010年。

恐ろしい、10年以上先の未来を予言していたとは。

残念ながら、書いた本人は2002年に亡くなってしまった。

つまり、自らの予言が的中することを見届けられなかった。

単なるテレビ好きで太ったおばさんが活躍していたのには理由があった。

それを2018年になって当方は知ることになる。

ナンシー関の後釜を正式に狙おうと思った。

消しゴム買ってこないと(笑)。

スポンサードリンク