アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

国産と舶来の間

スポンサードリンク

編集手帳にあこがれて、コラムっぽいものを書いてみる。

満を持して始まった+メッセージというサービス。

いや、満を持してというより遅きに失したのが正しい、たぶん。

よく知らない人のために解説しておく。

+メッセージとはSMSが進化したもの。

要するに、LINEみたいなアプリである。

では、LINEと何が違うのか、それがこのアプリの生命線。

まず、電話番号を知っている相手にしかメッセージが送れない。

つまり、電話番号を知っているような関係者としかメッセージのやりとりができない。

これは裏を返せば、なりすましができないということで、LINEにおける大きな問題を解決している。

当方はLINEがあまり好きではない。

電話帳の情報が韓国に渡ってしまっていそうな気がするから(確証はない)。

なので、この純国産アプリにはとても期待していた。

だが、全く流行る気配はない…。

当方の電話帳に入っている人で使用者はわずか数名。

そりゃそうだ、と言えなくもない。

ただ、日本人として国産のアプリを応援するという気概をもっと持ってほしいなと勝手に思ってはいる。

話は変わるが、サッカー日本代表

監督は森保一氏に決まった。

クリンスマンだとかベンゲルだとか色々と書かれたが、ひとまず落ち着くとこに落ち着いた。

よく知らなかったが、森保氏はあの「ドーハの悲劇」のメンバーらしい。

そして、監督としてはサンフレッチェ広島を率いて、4年間で3度も優勝した名将である。

まあ、名将であることはサッカーをよく知らない当方でもわかる。

わかるのだが、なんかモヤモヤが消えない。

何故か、当方はやはり外国人監督がよかったのである。

コミュニケーション不足が理由で解任された前例があるので、なんとなく「次は日本人で」ってムードになったけど…。

サッカー協会の偉い人はこの国のサッカーをどうしたいのだろう?

ワールドカップで優勝、とは言わないまでもベスト4くらいには入ってほしいってのが本音じゃね?

そのためには、経験豊富な外国人の知恵と戦略がまだまだ必要だと思うのは当方だけだろうか。

やはり、何億円払ってでもベンゲルにやってもらうべきだったのでは…。

メッセージアプリは国産、サッカーは舶来、ってことでどうにかお願いできないでしょうか、日本人の皆さん。

スポンサードリンク