アラフォー会社員、都心に新築マンションを買う(買った)。

「マンションは新築か?中古か?」論争ついに決着!正解は都心部に新築マンション。その答えはこのブログに全てあります。最寄り駅徒歩5分。30平米以上、新築が絶対。

情報処理安全確保支援士の経過措置終了まであと少し

スポンサードリンク

関係ない人にはなんのこっちゃわからんだろう。

情報処理安全確保支援士の経過措置が終了するって。

そもそも情報処理安全確保支援士ってなんだ?という人も多い。

国が初めて作った情報処理に関する「士業」、難易度こそ全然違うが税理士のようなもの。

(税理士の方すみません…)

で、その経過措置とは何か?というと…。

一言で表現すると、昔の資格で情報処理安全確保支援士(以降セキスぺ)になれるのあとわずか、ということ。

かつて、セキスぺ試験の前身として「情報セキュリティスペシャリスト試験」と「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」てのがあった。

この試験に合格している人は無条件とは言わないが、セキスぺになることができる。

けど、それももうお終い。

期限は2018年8月19日、とまあなんて中途半端なタイミングなんだ…。

当方は仕事で必要ということもあり、セキスぺの制度はかなり詳しい。

正直、セキスぺじゃない人からすればどうでもいいことなんだけど。

で、そのうち、セキスぺ持っている人がいないと入札に参加できないとか色々出てくる(らしい)。

真偽のほどは定かではないが。

そして、この資格、更新するのにお金がかかる。

3年で14万円ほど(一応書いておくが、更新手続きは毎年必要)。

ああ、ややこしい。

ニーズがあるなら、それこそ池上彰みたいに詳しく解説するけど。

おそらく、世間にそんなニーズはないだろう。

まあ、タイムリーなネタなので書いてみた、誰かの参考になれば幸い。

スポンサードリンク